ケツメイシ「花鳥風月」

何もない頃に生まれ
だからこそ今に残る
何もない頃に生まれ
だからこそ意味がある
木々の揺れ川風葉ざわめき
闇照らす月とそれ重ねに
満ち欠けここに見出されしこよみ
月への畏敬それ今はどこに
柔らかく射す光ここに浴びたれ
変わらなく待つ光どこに投げかける
満天の空よりも月ひとつあれば
皆が見る同じ夜空
何も変わらなけりゃ
自然は依然と毅然としてるが
人間はどうだろうか自ら首絞める
叢雲花に風虫のしらせ
知らねぇと今宵月また輝く
月明かりが頼りのヤモリがよし
満ち欠けに引かれ見上げるが良い
月は語らないし笑わないし
何も変わらない
俺に唱えてくれこれに答えておくれ
花よ鳥よ風よ月よ
永久に空に消えるまで月の光を
西の空赤く染まる
山々は静けさが増す
東の夜空から星たち舞う
大きな月は辺り照らす
どこからか吹きぬけた
ゆるい風に咲く花揺れた
流れ流れる雲どこへ
何故傘かけるあの月の元へ
欠けては満ちゆく
浮き沈む月はとどまることなく
流れゆく時の中今も
高く変わらず輝く
今宵もろい世を忍び思い
静かな水面月残し
ゆるりと沈みゆく月よどこへ
急いては生き急ぐ人よどこへ
花よ鳥よ風よ月よ
永久に空に消えるまで月の光を
日が沈み大地赤く染まり
空を舞う鳥も森の中に
眠りの支度羽根を磨く
そっと休ませ無に目を閉じる
空を舞う日々風揺らぐ木々の
中で清く淡く強く生き
好きでもなくただ空を舞い
欲などなくまた空を舞い
子を産み育て木々の木陰に
巣を作り運ぶ虫をエサに
月が見守るこの大地の中で
ひたむきに生きる毎日の中で
流れる時はゆるく
生き方は変わらずに古く
ありのままのこの大地で
また風のままの毎日へ
花よ鳥よ風よ月よ
永久に空に消えるまで月の光を
花よ咲き誇り土へと戻り
鳥よ羽ばたく命ははかなく
風よ吹き抜けるどこまでもゆける
月よ月照らす心奥深く根差す
花よ咲き誇り土へと戻り
鳥よ羽ばたく命ははかなく
風よ吹き抜けるどこまでもゆける
月よ月照らす心奥深く根差す
永久に空に消えるまで月の光を
何もない頃に生まれ
だからこそ今に残る
何もない頃に生まれ
だからこそ意味がある
何もない頃に生まれ
だからこそ意味がある

タイトルとURLをコピーしました